税理士事務所への就職

税理士を目指す人は、大学等を卒業後、法人や個人が営む税理士事務所等に就職するのが良いと言えそうです。
税理士への道は簡単ではなく、国家試験に合格をしなければなりません。
受験資格も定められており、その中に、法人又は事業を営む個人の会計に関する事務、もしくは税理士、弁護士、公認会計士等の業務の補助の事務に3年以上従事したもの、という決まりがあるようです。
学識だけでなく、その経験や応用力も問われることから実務経験を重視している結果かもしれません。
そのため資格取得を目指す場合は、そのような実務経験ができるところへの就職が不可欠になってくるようです。
仕事をしながら試験合格を目指すのは大変ではありますが、自分の時間を作り、目標を叶えていくのが良いと言えます。

企業の持続的成長と生産性向上を支援
そのための認定支援期間「斉藤税務会計事務所」です

辻法律事務所は大阪の士業

川越市の弁護士事務所
市民にとって頼れる存在を目指しています。

FP兼任の山梨県の社会保険労務士「吉野コンサルティングオフィス」

最新記事

  • 税理士は税金に関する専門家ですので、税金の相談や確定申告などにも対応をしなければいけません。

    続きを見る

  • 商業系の資格は元から就職やすいです。
    税理士はその資格の頂点ですが、すぐには就職できません。< …

    続きを見る

  • 税理士とは、税理士法で定められた国家資格です。
    その受験資格には、学歴や職歴、そして保有しなけ …

    続きを見る